当日の流れ

当カフェは赤の宮神社のご神水を使っております。まずは白湯をお召し上がりください。

腰掛待合でしばらくお待ちください。亭主が向かえつけに参りますので、蹲居で手と口を清めてから茶室にお入りください。

床の間の掛物を見ていただき、正式なご挨拶をします。

待合に戻って、吸い物と向付をお召し上がりください。お酒(佐々木酒造の純米大吟醸聚楽第)もお出しします。

八寸(海のものと山のもの)で千鳥の盃(盃のやりとり)をします。

カフェですので、食器を清めることは一切不要です。

最後に、主菓子(嘯月のきんとん)をお召し上がりください。

中立して腰掛待合でまたお待ちください。準備ができたら亭主がお知らせに参りますので、蹲居で手と口を清めてから再び茶室にお入りください。

濃茶を差し上げます。濃茶は一碗の茶を客全員で飲み回し、一座建立を図るものです。

「どうしても同じ茶碗で回し飲みすることはできない」という方は当カフェの利用はお控えください。当日風邪などで体調の悪い方は最後に飲んでいただくといった配慮はいたします。

干菓子(俵屋吉富の季節の干菓子と緑寿庵清水の金平糖)の後、薄茶を差し上げます。薄茶は何服でもお好きなだけお召し上がりいただけます。

楽しく歓談して3時間ほどで終了です。

Topへ戻る

inserted by FC2 system